九州一円(福岡、佐賀、大分、長崎、熊本、宮崎、鹿児島、沖縄)のフロアコーティングならアイウッズ

 

「フロアコーティング施工の流れ」の各詳細

1.養生

養生施工の前に、コーティング剤やワックス剥離剤が施工箇所以外の部分に付かないよう、マスキングテープなどを用いて養生いたします。

既にお住まいの物件で家具の移動が困難な場合などは家具にも養生をいたします。

 

 

養生

家具の養生写真です。動かすのが困難な家具は設置したままでの施工が可能ですが、その場合でもこのようにしっかり養生を施します。

階段の養生です。

階段の養生です。

 

前のページに戻る

2.ワックス剥離

ワックス剥離施工箇所の床面にワックスが塗ってある場合にはワックスを剥離します。フローリングにとって水気は大敵なので迅速に、確実に作業を進めます。

近年、フローリングの材質も非常に多くの種類のものが作られています。
弊社ではこれに対応できるよう、剥離剤、作業工程を複数用意しており、素材に最適な剥離剤・工程を選択して使用します。

 

 

バキューム式の吸引機で剥離剤の廃液を残さず回収します。

バキューム式の吸引機で剥離剤の廃液を残さず回収します。

剥離作業だけでもこれだけの汚れが出ます。 ワックスの重ね塗りの際に汚れも一緒に塗り込めてしまっているのです。

剥離作業だけでもこれだけの汚れが出ます。
ワックスの重ね塗りの際に汚れも一緒に塗り込めてしまっているのです。

 

前のページに戻る

3.下地作成

下地作成施工箇所に付着している油分やゴミ、ホコリ、ワックス成分を除去してコーティング可能なレベルまで洗浄をしていきます。

この作業でも素材をいためたりしないよう素材に合わせて様々な洗浄剤と洗浄方法を用意し、最適なものを選択しています。

また、押しキズ、へこみキズ等施工箇所にキズがある場合にはこれを補修します。(キズの程度により補修が不可能な場合もあります)

 

 

キズ補修の写真です。施工箇所の色に合わせ補修剤を使って傷を埋めます。

キズ補修の写真です。施工箇所の色に合わせ補修剤を使って傷を埋めます。

 

前のページに戻る

4.ベース剤塗布

ベース剤塗布再度ホコリを除去した後、コーティングの密着性・仕上がりを高める為のベース剤を塗布します。

このベース剤も施工箇所の素材に合わせて幾つかの種類の液剤・調合方法を用意しております。

 

前のページに戻る

5.トップコート塗布

トップコート塗布ベース剤を塗布した後、もう一度ゴミ、ホコリの混入を出来るだけ防ぐ為に清掃を行い、同時にベース剤塗布時に混入したゴミ、ホコリを処理します。

清掃後トップコートを塗布します。

 

前のページに戻る

6.紫外線照射

紫外線照射専用の照射機を使ってトップコートに紫外線をあてて硬化させます。

施工箇所の広さ、形状に合わせて自走式とハンディタイプの二種類の照射機を使い、隅々まで紫外線を照射します。

 

 

このように狭い箇所への照射はハンディタイプの照射機を使います。

このように狭い箇所への照射はハンディタイプの照射機を使います。

 

前のページに戻る

7.仕上がり確認・補修作業

仕上がり確認・補修作業紫外線照射後施工箇所全体をチェックして、万が一不具合箇所があった場合には補修作業を行います。
フロアコーティングは写真のようにフローリングの目地で区切った1ピース単位で補修が可能です。

最後にすべての養生を剥がします。

 

前のページに戻る

8.完成

完成全ての補修作業終了後お客様にお立会いいただき完成後の確認、説明をしてお引渡しとなります。

 

「フロアコーティング施工の流れ」に戻る

九州一円・沖縄のフロアコーティングなら株式会社アイウッズ
〒819-0032 福岡県福岡市西区戸切2-14-10
TEL:092-873-4470 FAX:092-873-4471

Copyright © 2020 株式会社アイウッズ All Rights Reserved.